ハゲを治すために

ハゲを治すために

界面活性剤でハゲる?

界面活性剤って聞くと体に良くないと条件反射で反応してしまう人も少なくないんじゃないでしょうか。 たしかに界面活性剤が頭皮に悪影響を与えることもあります。 でもすべての界面活性剤が頭皮に悪いわけではないんです。 そもそも、界面活性剤っていうのは、汚れをとるための洗浄剤で、人間の頭皮の汚れは皮脂汚れがほとんどです。 この皮脂は油なので水で流したところで落ちません。 水と油は交わらないので、それらを交わらせるのが界面活性剤です。 なので、界面活性剤自体は汚れを落とすのに必要ですし、必ずしも体にとって悪いというわけではないんです。 じゃあ、なんで界面活性剤が頭皮に悪いといわれているんでしょうか? それが、市販のシャンプーの石油系の合成界面活性剤です。 この石油系の合成界面活性剤はとにかく安くシャンプーを作るためにいくつかの界面活性剤を合成して作ったものなので頭皮に優しくない場合が多いんです。 合成界面活性剤は、泡立ちもよく洗浄力がめちゃくちゃ強いんです。 そんなもので頭皮を洗うと、必要以上に皮脂を落としすぎてふけやかゆみの原因になってしまうんです。 あとは、市販のシャンプーに含まれる不必要なまでの化学物質も頭皮を痛める原因になっています。 これらは、頭皮に蓄積しやすく頭皮の皮脂を落とした洗髪後には頭皮の中に浸透しやすい状態にもなっています。 このように、頭皮にとってなくてはならない皮脂までも落としすぎてしまう界面活性剤が問題なんです。 なので、スーパーなんかで売っている安いシャンプーは管理人的にはおすすめしないですね。 まさに石油系の頭皮を痛める界面活性剤を使っているからです。 実際に育毛剤を始める前の管理人もスーパーで売っている安いシャンプーを使っていたのでこれが原因で頭皮がいたんだ可能性もあります。 管理人が市販のシャンプーを使うのをやめるときに参考にしたサイトが下のサイトです。 http://usuge-guide.com