ハゲを治すために

ハゲを治すために

タバコと酒がハゲにする?

髪に悪いと言われるので一番最初に思いつくのが酒とたばこでしょうか。 たしかに、この2つをやっていなければハゲないというわけではありませんが、まったくタバコを吸ったり酒を飲まないという人よりはハゲのリスクは高くなるような気がします。 かといってどっちも好きでもハゲていない人もいるのでこれらがハゲの主要な原因とはなりにくいといえるのではないでしょうか。 でも、ハゲに悩む人にとっては極力遺伝以外のリスクは減らしたいもの。 そうなると酒とたばこは両方やめなければいけません。 まずは、お酒はアルコールの体内での消化を早めるために、ビタミンBが消費されます。 このビタミンBは食事などから体に栄養を摂りこむために活躍する栄養素なのでアルコールの吸収に使われてしまうと体にとっては良くないことです。 さらに、日本酒などならまだ体にはいいとも言われますが、甘いジュースなどと割ったチューハイなんかは、糖分も多く含んでいるので肥満などにもつながります。 お酒と一緒にとるおつまみが一番問題だとも言われているぐらいです。 とにかく、お酒は体にとってあまりよくはないと思っています。 次に、タバコ。 今でこそ禁煙に対して関心が高まっていて駅なんかでも分煙を始めたりと喫煙者が肩身の狭い思いをしているようです。 でも、そうはいっても居酒屋なんかにいったらかなりの人がタバコをすっています。 このタバコは血流を悪くします。 血流が悪くなるとどうなるのか? 血流は髪の毛の命と言ってもいいほど大事です。 髪の毛の栄養は血液から抽出します。 なので、血液が毛根までまわらないと髪の毛を作ることができなくなってしまうんです。 そんな血液の流れを止めてしまうタバコは髪の毛に圧倒的に悪いといえるでしょう。